太ってからのモテ方、デブだからモテる彼女できない おデブの理想の結婚 彼女できない 理想の結婚

俺と同じようにデブな君へ 太ってからのモテ方 デブだからモテるやり方教えるよ

デブ,彼女できない,理想の結婚,結婚できない男?,女人禁制?,もてない男?

 

 

敢えて太っている人とは言いません、かなりの肥満。デブと言おう。俺がデブだからね。そして、デブだと世間的には悲観ワードでしかないけど、実のところ

 

デブとは恋愛において、燦然と輝く魅力のひとつとして
君臨し続けているのだ。

 

なぜそんなことがわかるんだって?

 

以下の写真を見てほしい

 

デブ,彼女できない,理想の結婚,結婚できない男?,女人禁制?,もてない男?

20歳当時の写真 

 

体重80k 身長180cm

 

なかなかのスタイルだった。

 

 

25歳ぐらいまでこのままの感じだった。

 

ところがこれから2年ほどで…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デブ,彼女できない,理想の結婚,結婚できない男?,女人禁制?,もてない男?

こうだ。

 

体重110k

 

なんとわすか2年で、30kも体重は激増している。

 

 

そんなに太れるもんなのかってぐらい
急激に太った。今も同じです。

 

 

これは、ちょうど転職したタイミングで
ストレスと車移動の生活になったので

 

それを可能にしたのだ。

 

学生時代の友達には、最初誰だかわからなかったと言われ、

 

別人ですねと後輩に言われ。

 

俺に好意をよせてくれていた、女性も愛想笑で寄り付きもしなくなった。


太るってのはこんなに周りからの扱いが変わるのか!!

人間は見た目にこんなに影響されるもんなんだと、
強烈に思い知ることになったんだ。

 

痩せているときに寄って来た女性は、完全に相手にしてくれなくなった。

 

こりゃーまた前みたいに痩せなきゃ、今後は暗い人生になってしまうと
ダイエットに勤しんでいたのだが、一向に痩せる気配はない。

 

そんなこんなして、デブ人生も1年を過ぎようかという頃
考えもしなかった事が起るのである。

 

そこでさらに言う

デブとは恋愛において、燦然と輝く魅力のひとつとして
君臨し続けているのだ。

とね。

 

なぜそんなことがわかるのかと言えば、又蔵は

 

25歳まで痩せの人生
27歳からデブの人生 

 

2つを経験しているからなのだ。

 

そして、これまで書いたノウハウの多重交際歴はすべてデブの人生になってからの体験談なのだ。

 

 

だから、デブの君でもモテナイわけじゃない。
痩せの人生のやり方をすれば必ずしくじるのだ。

 

デブにはデブのやり方が存在するのだ。
以後、そのデブのやり方をすべてこれから伝授していくぞ。

スポンサードリンク

太ってからのモテ方【彼女できないおデブの君が理想の結婚相手を見つける方法】記事一覧

冒頭にも書いたが、この又蔵は痩せ型からデブ型へとたった2年で、その姿を変えた。痩せてたときに、いい感じだった女性たちはあっさりと去っていった。捨てる神あれば拾う神あり世の中の面白いところだと思ったが、太ってしまった自分にはもう誰もよりつかない、モテナイ村の住人になってしまったと思いきや痩せていたときよりは、やっぱり絶対数ではモテなくなってはいたがなんと太っていても、好意を寄せてくる女性たちがいたの...

まずは、これから紹介していく方法の一覧。出会い系サイトSNS芸能人オフ会スナック

mixiにはなんと、デブ専女子のためのコミュニティーが多数存在している。ざっと探しただけでもコレだけある。でぶ男が好きだ!!http://mixi.jp/view_community.pl?id=511761ソフトデブ専http://mixi.jp/view_community.pl?id=54250&_from=search_community_resultぽちゃ男性好き(≧ω≦)bぽちゃ男性好...

これはデブ専女子から教わったんだけど出会い方の裏技としてこんなのがある。又蔵は実践していないんだけど、おすすめできる方法だと思う。デブ芸能人ファンクラブのオフ会に参加する。例えば伊集院光 オフ会松村邦洋 オフ会石塚英彦 オフ会など、実際のファンクラブの集いでもいいしSNS mixiなどコミュをチェックして積極的に参加するといい。そこのデブ専女子がかなりの確率で集まっているからだそうな。教えてくれた...

この方法は、夜の街で飲むという習慣の無い輩には賛否が分かれるところではあるが、スナックやパブ・ラウンジであって、決してキャバクラではない。ここは注意してくれ。キャバクラは店外活動も、営業活動の一環だから自分に本気なのかどうか見極めるのがむずかしい。一方、スナック・パブ・ラウンジ系は、客引きのノルマがゆるくお水どっぷりの営業第一主義な店はほとんどなく、ホステスも昼間は普通の仕事して、夜だけのバイトと...